IMAMURA-BUNSYOU

今村文章〜感性の文字起こし〜

対比

f:id:tatsuyaimamura:20210528215952j:plain

娘が濃厚接触者となりPCR検査を受ける事になった。

それに伴い俺は仕事が休みになった。

濃厚接触者の濃厚接触者である。

「ガッキーは俺の友達の友達なんだよ」と自慢する法則と同じである。

コロナウィルス感染者の友達の友達は、特になんともないのだが、特別扱いである。

お陰様で自分の時間をたっぷりと有意義に使う事ができた。

ありがとう社会。

結果、娘は陰性であった為今日から仕事だ。

神様から与えられた休日は実に有意義であった。

新曲のMVをじっくり作り込む事ができたし、音楽的な「事務作業」をやっても十分に余る時間があった。

こんな日々は大げさではなく十数年ぶりであった。

ギターを弾いたりもしたのだが、主に先に書いた「事務作業」と趣味に時間を使った。

表現活動、すなわち芸術を作り出す気持ちになれず全ての欲望を満たす日々となった。

タイトルにした対比。

やりたくねえやりたくねえと言いながら普段仕事しとる訳だが、それは実はとても重要な事だと気付かされた休日だった。

人間、いや俺はある程度の不自由があって初めて芸術活動をやるのだと思った。

それがないとほぼ競馬の事しか考えていない事が明らかになった。

別に競馬に人生を捧げても、それはそれで良い人生だと思う。

本当にそう思う。

しかしその中にふわっと存在する虚しさがあり、

「俺はこんなもんなんだろうか」っちゅう自己顕示欲の大元のような熱がやはりふつふつと湧き上がるのである。

それを燃焼させる事が俺の芸術活動であり、すなわち歌なのだと確信した。

歌詞にもあるが、

本当は今のままで満たされている

本当は今のままで許されている

それでもさ欲張りな俺は「足りない」と

夢ばかり観てるような暮らしをする

この通りだと最近思っているのである。

 

 

昨日の朝、学校へ行った長男の部屋に入り彼が買った本などを眺めた。

俺はこの男をここまで育てた。

長女、次男、次女、三女。

やあやあ言いながら皆すくすくと育っとるじゃないか。

それらを眺めていると

ああ俺はもうすでに人間今村竜也としてのミッションをクリアしたのかもしれんな

とか思ったりする。

だがヒライマサヤが言ってた言葉がその後必ずやってくる。

ライブは弦が切れた後にロックンロールがある

歌はネタ切れになった後に本当の歌が歌われる

咀嚼して俺は

人間としてのミッションを全うした後に本当の芸術が生まれる

と思っている。

悦を超越した悦ってやつだ。

ぼかあ幸せだあ

と思って、そのまま幸せのぬるま湯に浸かるも良いが、いやいやもっとあるぞこの先がもっとあるはずだ

と思う欲望が俺は美しいと思うし好きだ。

 

俺は欲望の塊である。

......................................

 

今村竜也が最新曲「ある朝」について語る動画。


www.youtube.com

 

今村竜也のライブ情報

 

◼︎06/12(土)
◼︎下北沢ちょ美ひげ
◼︎今村竜也の原点回帰シリーズVol.5
◼︎出演:今村竜也/宗ひろし
◼︎開場:17:30 開演18:00
◼︎チャージ2000円(+ワンドリンク)15席限定
◼︎御予約方法:今村竜也HPお問合せフォームより
 
 
◼︎07/10(土)
◼︎下北沢ちょ美ひげ
◼︎今村竜也の原点回帰シリーズVol.6
◼︎出演:今村竜也/高哲典-Akinori Taka-
◼︎開場:17:30 開演18:00
◼︎チャージ2000円(+ワンドリンク)15席限定
◼︎御予約方法:今村竜也HP/高哲典HPお問合せフォームより

 

......................................

www.tunecore.co.jp

 

 

 

 

自分の枠を出ようか

f:id:tatsuyaimamura:20210427220306p:plain

自分自分自分。

自分で考え、自分の言った事や、やった事に自分でブチ切れる。

自分で観た風景に自分の記憶などをオーバーラップさせ感傷的になり、

自分が決めた人生を生きている。

自分自分言うとるがこれがまた滑稽やが、その自分は他人の影響をゴリゴリに受けていて、

パクリ思想、パクリ振る舞い、パクリ顔である。

所詮俺などが自分なりに良かれと思っとる事は他人の影響を受けたパクリ良かれであり、

オリジナルソングなどと声高らかに発表した楽曲も全てパクリなのである。

このことに気づいたのは実は随分若い頃であって、それも他人によって気付かされた事であり、パクリ人間である事に気づく行為そのものすらパクリに思えてくるのである。

これわかっている奴とわかってない奴とでは決定的に人間としての面白さ、すなわち人間ダイナミクスが雲泥の差であり、わかっている奴としか俺は友達にならない。

このポリシーすらも実のところ誰かの影響なのだろうが、

己なんぞは所詮影響を受けたパクリの塊である

って事を咀嚼する事は人生を楽しく歩む序章であるし、

そのパクリの塊である己が思った事やら発する表現がオリジナリティーなんだよ実は

って事に気づく事が何やエアオーディエンス的な人の眼を気にする事を排除した

平の状態になるもっとも重要な事である。

例えば今。

俺はハイボールをちびりやりながらこれを書いとるわけだが、ハイボールなど俺は全く好きではなかった。

嫁さんがハイボール好きで、4リットルトリスと大量の炭酸水を買い込み毎日飲んどる訳で、

ハイボールはヘルシーだ」とか

「甘い」とかをプレゼンされ、焼酎が切れた時などに仕方なく飲んでいたところ

「ありゃなんかこれも悪くないな」になり

「これが一番いいんじゃないか」となった。

嫁さんの影響を受け、俺はいつの間にかハイボールを好きで飲むようになったのだが、これは俺が独自に開拓した酒ジャンルではない。

他人に影響を受けてそれをあたかも自分が発見したかのような気分で嗜む。

何と幸せなんだろうかと思う。

 

だらだらしてきたのでまとめるが、

庵野監督のドキュメンタリーで言ってた通り

「自分の想像する範囲ってのは実は面白くないんだよ」って事を最近つくづく感じるのである。

改めて発表するが、近日発表を予定している楽曲は、作詞は俺だが作曲、編曲、演奏、は俺じゃない。

俺じゃない人の発想やら具体的にできた音ってのは面白い。

なぜ面白いのか?

それは俺じゃないからである。

独言悟浄こと今村竜也45歳。

本当の意味での旅が始まるのである。

.......................................

今村竜也ライブ情報
 
◼︎5/15(土)下北沢ちょ美ひげ/ワンマン
空席状況△
◼︎6/12(土)下北沢ちょ美ひげ/w宗ひろし
空席状況○
◼︎7/10(土)下北沢ちょ美ひげ/w高哲典-Akinori Taka-
空席状況○
…………………
詳細、御予約はこちら
 
 

 

辞められない人たち

f:id:tatsuyaimamura:20210405213811j:plain
宗ひろしという男がおる。

俺がその昔やっていたハートドロップスっちゅうバンドのファンで、お笑い芸人を辞め音楽の世界に踏み込んだ男だ。

知る人ぞ知るバンドMALCOでメジャーデビューしHEY!HEY!HEY!にも出たのだと言う。

ドリカムとボンジョビと対バンした事もあるらしい。

f:id:tatsuyaimamura:20210405215158j:plain

ドリカム

 

f:id:tatsuyaimamura:20210405215358j:plain

ボンジョビ

 

メジャーの洗礼を受け下北沢の街に戻って来たタイミング(何年前だろうか2008年くらいか)で再会したのだが、その時この男は完全なる石目であった。

俺はメジャーと契約した事はないが、こんな石目になるほど過酷な世界なのかと思ったもんである。石目とは皆さん有名人などに会って「ファンですう!握手してください〜」などと言って握手してもらった時に顔は笑っているが目が笑っていない状態、すなわち「ありがとうございます」などと言いつつも心ここにあらず状態の目の事である。宗ひろしは確実にこれだった。

街の底で音楽活動するうちにだんだんと人間らしい目つきになり、家庭などもち、今ではもう石目では無くなった。よかったよかった。

 

そんな宗ひろしと2年ぶりくらいに下北沢で飲んだ。

家族ぐるみの付き合いなので、二人で飲む事はごく稀だが、家族がいない状態で飲むと、コロナ問題、政治問題、生活問題、仕事問題などの話は2%しかせず音楽の話18%。残りの80%はエロい話で盛り上がった。

昼間っから何を話しとるんだと思われただろうが、5時間ほどノンストップでエロい話をして笑いすぎて喘息がぶり返す始末であった。

この男はネトウヨ化している時期もあったが、音楽で繋がっている仲間とはそんな政治的な思想の違いなどで仲違いする事はない。

俺的にはどんな思想、信仰、人種、セクシャルであっても面白い奴とはずっと友達(ずっとも)なのだ。

面白くない奴はスルーである。

まあとにかく俺はネトウヨ化していた(もう辞めたらしい)宗ひろしと大いに飲み大いに語りあって思ったのだが、この男もまたいつまでたっても音楽を辞められない人なのだ。

それは意地とか使命感にかられるもんではない。

辞めきらんのよ。依存しているし中毒患者である。

表現の方法、手段は色々あっていい。

とにかく俺たちは音楽とエロに依存しているところで繋がっているのだと思う。

 

ここまで書いて

「俺は果たしてこんな事を書きたかったのだろうか」

と冷静に思ったのだが、そもそも何を書きたかったかを忘れてしまった。

忘れるくらいの事なので大した事ではなかったのだろう。

まあ人生もそんなもんである。

嫁さんが「竹内まりやカバーセレクション」の録画を観出したのでここらへんにしておく。

以上

..............................................

そんな宗ひろしとのツーマンライブが決定!
◼︎06/12(土)
◼︎下北沢ちょ美ひげ
◼︎今村竜也の原点回帰シリーズVol.5
◼︎出演:今村竜也/宗ひろし
◼︎開場:17:30 開演18:00
◼︎チャージ2000円(+ワンドリンク)15席限定
◼︎御予約方法:今村竜也HPお問合せフォームより
..............................................
宗ひろしのユーチューブチャンネルはこちら

www.youtube.com

..............................................

www.tunecore.co.jp

 

MOTIVATION

f:id:tatsuyaimamura:20210326182552p:plain

高哲典という男がおる。

人に合わせる事が出来ない孤独主義者であり、こだわりが強い男である。

一年前にやっていたツイッターでの音声のみ生配信フロム猿小屋を再始動するとの事で、再始動後の第一弾ゲストとしてお呼ばれした。

明けましておめでとうと挨拶もソコソコに、ベラベラとそれぞれがそれぞれ、コロナにより地獄の底のような気分で過ごしていた近況を報告しあった。

コロナウィルスってのは肉体的な病では無い。

一般的には、っちゅうか世界的には常識的には、肉体的な病気になるウィルスなのだろうが、俺にとってコロナウィルスは確実にしっかりと精神を殺られるウィルスなんだなと考える。

オレオレ国のオレオレ王である俺がオレオレ活動のやる気が一切湧かなくなるほどの恐ろしいウィルスである。

実際に感染したかは定かでは無いが、確実にここ数ヶ月俺は音楽をやる気持ちから遠く離れた世界を生きていた。

生き延びていた。ダラダラと生き延びていたのだ。

今まで湧き上がってきた中学2年生の性欲のような自己顕示欲がさっぱり無くなっていた。

そんな中、リハビリがてらに文章を書いたり、過去の曲をSNSで宣伝したり、仰げば尊しなどを歌って動画撮ってアップしたりしていたらムクリと回春の風が吹き、誰かと何かをやりたいななどと思っていた矢先にフロム猿小屋のお話を頂いた訳だ。

これは俺世界の話と思いきや、こう言うもんはお互いがそう言うタイミングの時にパシッと合わさるもので、高哲典もコロナの精神に来る毒に侵され、このままじゃいかんと思い、俺をゲストに招いてくれたのだろう。

厳密にはそう思ったかは知らんが俺にはそう映った。

そんなこんなで放っておけばベラベラと5時間は話続けるであろうテンションでしゃべった記録がアーカイブとして残っている。是非聴いてみてほしい。

 

 

 

音楽性やら活動スタイルは違えど数少ない同じ感覚の友達と話すと活力がみなぎる。

俺は今、もっともっとだって気持ちに満ちておりそんな気持ちの時、生きてる心地がするのだ。

 

.................................................

高哲典-Akinori Taka- オフィシャルサイト

www.akinoritaka.net

 

.................................................

www.tunecore.co.jp

 

 

枠から出ていかないと面白い事は起きない

f:id:tatsuyaimamura:20210321212402p:plain

今日は日曜日だが仕事だった。

ツイートした通り日曜日ってのは体が「休みモード」である。

朝起きてもなんかのんびりしていて平日の朝とは時間の流れ方がまるで違うように思える。

外を見ると久しぶりに見る本降りの雨だった。

電車で行くのもかったるく、カッパを着てチャリで新宿へと向かった。

伊藤君から秩父旅行土産の日本酒セットを頂いた。

我が人生において人に土産を買った量より買ってもらった量の方がはるかに多いな、ありがてえ事だと思った。

中央競馬との距離をとった俺は何百円の世界観で本日のメーン馬券を購入したが、またしても買い方をしくじりハズレ馬券となった。

一体俺は何度同じ過ちを繰り返すのだろうか。

人は失敗から学ぶと言うが、俺は都度学んでいるつもりでそれを次の出来事の時に忘れているのだなと思った。

これは悲しい事だ。

しかしそうやって「ああ、やっぱ俺はまたこういうやられ方をするんだな」って事を繰り返す事によって少しずつではあるが人間として成長しているような気がする。

これが学びってやつかもしれんな。

 

仕事をスタイリッシュにこなし家に帰った。

先日インスタで今村家は餃子焼く時、200個焼くって投稿をしたら、コメントがあった。

「初めまして 7人家族はやっぱり200なんですね」

コメントしてくれた人のインスタを覗いてみると、その彼も子供が5人おり、そして歌を歌っている男だった。

その歌を聴いたら、なんとも言えん親近感を感じた。

アップされた写真やら、それに添えられた文章を読んでいると、俺と同じ気持ちで歌を歌っている男がこの世に存在するんだって事実がガポーンと来て、俺も歌ってるんすよと思わずダイレクトメールをしてしまった。

餃子を200個焼くっちゅう記事をインスタにあげなかったらこの人からコメントは来ず、このなんとも言えん同志感を味わえんかったのかなあなどと思った。

やっぱなんでも枠から出ていかないと面白い事は起きないのだな。

餃子200個焼いて家族でワイワイと食らうだけでも十分に幸せなのは知っている。

だが、それを公にした事でその先の幸せをゲットできたって事が今日の学びである。

だからといって夫婦の営みやらなんやらなんでも公にするもんではない。

それは節操が無いっちゅうもんだ。

 

まあとにかく俺はこの出会いを経て

益々歌うモチベーションやら自己顕示欲がぶち上がったってお話。

いつか彼とセッションしたいなあ。

 

............................................

www.tunecore.co.jp

卒業

f:id:tatsuyaimamura:20210320062457p:plain

卒業シーズンである。

俺自身が学校を卒業したのは27年前、福岡工業高校を卒業が最後だが、まあ淡い青春とは程遠いクソガキの戯れのような一日だったので書かない。

この歳になって思い出す卒業は中学校を卒業する時の事であるが、式どうこうではなく、式が終わった後にみんなで写真撮ったり第二ボタンをどうするかだったり(今はどうか分からんが、当時の女達は好きな男の第二ボタンを卒業式でもらう事が良いとされていた)である。

「ああこれもおっさんになったらいい思い出だったなあとか思い出しながら切なくなるんだろうなあ」

と思っていて、実際おっさんになってこの時の事を思い出し切ない気持ちになっている。

今風に言うとエモい気持ちになっている。

エモーショナルって言葉は、ダイナソーJrとかウィーザーとかが出てきた時にエモーショナルハードコアって言われていて俺くらいの年代の人々はそれらをエモコアと呼んでいた。エモいハードコアなんだが、今の若者がこれらを聴いてエモいと表現するかは分からん。

 

さて、朝からエモい気持ちでこれを書いているのだが、俺はこの季節が大好きである。

まあ日本国民の90%くらいは好きだろうが、花粉症の影響であんま好きじゃないって人もいるだろう。が、俺は花粉症ではないのでものすごく好きである。

あったかくなると本能的にも活力がみなぎり、桜など花も咲き、さあやるぞって気持ちにもなる。

3月が年度末、4月を新年度とし春を境にする日本社会のシステムは、ああなるほどこの感じを元にそうなったのだなあと俺は勝手に解釈している。素敵。

 

そんな季節の中、我が部屋に子供達の誰かが学校で使い古した教科書、っちゅうか音楽の授業でサブで使ううた本が放置されていた。

ペラペラとめくると、童謡であったり、授業で歌われる曲などがコード付きで載ってるではないか!と言う事でたまにその本を見ながら歌ったりしていた。

小学校のうた本に載る曲達は実にシンプルで、実に良く出来ていた。

そしてその中にある仰げば尊しを歌っている際にエモい気持ちになり、せっかくなのでチューニングとかも45歳のブルージーを加えるべくドロップDなどにして録音したくなった。

f:id:tatsuyaimamura:20210320065911p:plain

録音するなら映像もとって発表したくなる。

自己顕示欲が爆発するのである。

そして発表した映像がこちら。


仰げば尊し / 今村竜也

 

これが中学校の卒業式を45歳になって思い出すエモーショナルハードコアである。

音も良く録れて、良いミックスも出来たので日本国民の90%のみならず、全世界の人々に聴いてほしいと思っている。

 

春は気分がいい。

 

.........................................

今村竜也の春ソング「ココロの花に」のセルフライナーノートはこちら

 

tatsuyaimamura.hatenablog.com

 

.........................................

www.tunecore.co.jp

 

ココロの花に

ココロの花に

2011年3月19日にユーチューブにスタジオテイク動画としてアップした。

日付を観ればわかるが、震災直後である。

震災後、余震が頻発していて原発も爆発したくらいか。

会社からは自宅待機の指示があり家に籠ってACの宣伝やら津波の映像やらを一日中見ていた。

仲間達と原発爆発後についてどうするべきかの議論をした。日本は終わりだとか、九州に疎開するとか。音楽どうこうなんてテンションではなかった。

テレビでは影響力のあるミュージシャンが募金を募ったり、被災地に向けて歌って励ましたりしていた。

影響力のないミュージシャンの俺は無力さをドンと叩きつけられ、何とも言えん気持ちになっていた。

誰かを俺の音楽で励ましたいなんてのはおこがましく、かと言ってライブやるぜってな感じでもなく、悶々とした気持ちってのが一番あっていると思う。

そんな中、無名の俺がどこかの誰かを励ましたいなどのアクのようなもんではなく、身近な人たちに向けて曲を書こうと思いたち書いた曲がこの曲だ。

大げさに言うとこうなるが、向井秀徳氏が3月16日に「ふるさと」をユーチューブにアップして、それにがっつり影響を受け「俺も俺も」となったってのが正直なとこである。

曲名も後で気づいたのだが、エレファントカシマシの名盤「ココロに花を」と類似している。

曲名を決める時は事前にググらねばならんと今は思う。

エレカシは大好きなのでまあいいかとも思うがビミョーな類似だなあと我ながら思っている。


今村竜也 「ココロの花に」

コード進行は1カポのG→Em7→Am7→D的な(正確なコードネームは分からん)これぞJPOPって進行で作った。

春、桜、別れみたいなテーマでベタな曲を書いた。そう言う曲を歌ってみたかった。

そして俺はこの事しか考えてないのか、ってほどの

形あるもんはいつかなくなるんですよ

だからいつまでも覚えていようね

エッセンスをバツバツに詰め込んだ歌詞になっている。

 

ココロの花に

作詞作曲:今村竜也

 

今まで過ごした人たちと

桜の下で笑いあう

それを眺めてる俺が昔の自分に重ねてる

 

白黒写真の思い出と

微かな記憶の片隅で

少し少しづつ今は思い出している

 

去り逝った人達の思い出を

そっとそっとココロの花に

この先には何かが待っているから

ずっとずっとココロの中に

 

それぞれが紡ぎ出す人生の

それが交わる交差点

誕生・入学・卒業・結婚・最後の日

確かにしるしはついている

 

今まで過ごした人達と

桜の下で笑い合う

それを眺めてる俺が思い出している

 

去り逝った人達の思い出を

そっとそっとココロの花に

この先には何かが待っているから

ずっとずっとココロの中に

 

キレイに散ってしまった花びらを

そっとそっと拾い上げて

家に持って帰る帰り道

夕焼けが照らす道

そっとそっとココロの花に

ずっとずっとココロの中に

 

美しい歌詞じゃないかと自画自賛している。

テレビでよくやる歌謡祭などで歌われてもいいんじゃないかと俺は思う。

音源

IMAMURA TATSUYA FOLK EXPLOSION名義ではバンドセットで録音した。

ベタな感じにしたかったのでストリングスをアイフォンのガレージバンド、アナログ出力で入れた。

渾身のギターソロもさだまさし大先輩の曲のような感じにしたかったのでリバービーな感じで入れた。

100テイクぐらいした記憶がある。

ココロの花に

ココロの花に

  • IMAMURA TATSUYA FOLK EXPLOSION
  • J-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

この曲も何やかんやで季節問わず歌い続けている曲になった。

先に述べた通り俺が曲書く時にだいたいそうなる

形あるもんはいつかなくなるんですよ

だからいつまでも覚えていようね

が凝縮されていると思う。

ココロの花に

ココロの花に

  • 今村竜也
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

www.tunecore.co.jp